> > 理研、野菜や米がセシウムを取り込まないようにする物質を発見

理研、野菜や米がセシウムを取り込まないようにする物質を発見

記事を保存
理研、野菜や米がセシウムを取り込まないようにする物質を発見

理化学研究所は、植物の高濃度セシウムに対する耐性を高める化合物「CsTolen A(シストレンエー)」を発見し、この化合物がセシウムに選択的に結合し、植物のセシウム取り込みを抑制することを明らかにした。

今回の研究では、約1万種のケミカルライブラリーをスクリーニングし、セシウムに対する耐性を高める化合物として5種を選び、それぞれの化合物で処理した植物に含まれるセシウム濃度を分析した結果、「CsTolen A」に植物体内のセシウム蓄積量を著しく低下させる効果があることが明らかになった。また、土壌での実験でも「CsTolen A」が植物のセシウム取り込みを抑制する効果があることを確認した。

今回の成果は、今後の植物におけるセシウム取り込みのメカニズム解明や、土壌が汚染された地域での農作物生産の再開に向けた一助となることが期待される。

東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で、放射性セシウム「セシウム137」による農作物への土壌汚染が深刻な問題になっている。「セシウム137」が土壌汚染で問題視されるのは、半減期(自然崩壊して半分に減るまでの時間)が30年と長いこと、土に含まれる粘土や有機物と強く結び付くことなど。現在でも、汚染が激しかった地域では農産物を生産できず、除染対策や農作物の安全確保に向けて、植物がセシウムを取り込む仕組みの解明が求められている。

これまでの研究で、高濃度のセシウムが植物の生長を阻害することや、化学的性質が似ているカリウムの取り込み経路がセシウムの取り込みにも関わることなどが分かっていたが、セシウムは植物にとって必須栄養素ではなく、自然界の地殻中に存在する量も少量であるため、植物のセシウム取り込み経路や応答の仕組みの詳細は解明されていない。

【参考】
理化学研究所- セシウムと結合し植物への取り込みを抑制する化合物を発見

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.