> > 悪影響が懸念される化学物質の排出・移動量は減少 2013年度PRTRデータ

悪影響が懸念される化学物質の排出・移動量は減少 2013年度PRTRデータ

 印刷 記事を保存

経済産業省と環境省は、化管法に基づくPRTR制度において、地域の環境に存在し、かつ、人や動植物に悪影響を及ぼすおそれのある化学物質(第一種指定化学物質)について、2013年度の排出量・移動量等について集計・推計を行い、その結果を取りまとめ公表した。

届出のあった全国の35,974事業所における2013年度の環境への排出量(排出量)と廃棄物に含まれての移動量(移動量)の合計は376千トンとなり、前年度比で2.3%減少した。内訳は、排出量が160千トン(対前年度比1.5%減)、移動量が215千トン(対前年度比2.9%減)。

(※全文:1,128文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.