> > 農山漁村で地域主導型の再エネを導入するポイント2つ 農水省による報告書

農山漁村で地域主導型の再エネを導入するポイント2つ 農水省による報告書

 印刷 記事を保存

農林水産省は、農山漁村で再生可能エネルギー導入を促進するために、課題となることやその対応策について、有識者会議が提言として取りまとめた報告書を公表した。

農山漁村は再生可能エネルギー導入の面で高いポテンシャルがある。しかし、地域外の事業者による事業が大半を占め、地域主体による再生可能エネルギーを活用した地域活性化の取組みが大きな広がりを見せるに至っていない。また、無計画な資源利用がトラブルを誘発している。

(※全文:919文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.