> > 熱も考慮したバイオマス利用 地域自立システム実現に挑戦する6事業が決定

熱も考慮したバイオマス利用 地域自立システム実現に挑戦する6事業が決定

記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、2014年12月26日から2015年1月30日まで「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/地域自立システム化実証事業/事業性評価(FS)」に係る公募を実施し、6件の採択予定先を決定した。

バイオマスエネルギーの利用拡大を推進するためには、熱利用等を有効に図り効率よく運用する最適なシステム化が必要である。このため、NEDOでは利用拡大のための技術指針、導入要件を策定するため、バイオマスエネルギーを利用した具体的な事業について、地域自立システムとしての『事業性評価(FS)』および『実証事業(助成事業)』を行う。事業性評価(FS)および実証の結果は技術指針、導入要件の策定に反映される。

採択された実証事業と委託先は以下の通り。

  • 富士クリーン・栗田工業
    「地域における混合系バイオマス等による乾式メタン発酵技術を適用したバイオマスエネルギー地域自立システムの事業性評価(FS)」
  • 熊野原木市場協同組合・三重くまの森林組合・野地木材工業・辻製油・かきうち農園・三重大学
    「熊野新道 ~新しい木質バイオマスエネルギーの道(拠点)づくりの事業性評価(FS)」
  • サーフビバレッジ
    「飲料製造工場及び周辺施設へのバイオマス地域熱供給事業の事業性評価(FS)」
  • バイオマス熱電併給・E2リバイブ
    「アクアイグニス多気ORCユニットを活用した木質バイオマスコジェネレーションシステムの事業性評価(FS)」
  • 昭和化学工業
    「バイオマスエネルギーを活用した農・林・工複合型モデルの事業性評価(FS)」
  • 大原鉄工所
    「エネルギー作物と家畜糞尿の混合メタン発酵とバイオマスエネルギーマネージメントが可能にする循環型農業システム化実証事業の事業性評価(FS)」

事業期間は平成27年度~平成32年度までの予定。

【参考】
NEDO - 平成26年度「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/地域自立システム化実証事業/事業性評価(FS)」に係る実施体制の決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.