> > 熱も考慮したバイオマス利用 地域自立システム実現に挑戦する6事業が決定

熱も考慮したバイオマス利用 地域自立システム実現に挑戦する6事業が決定

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、2014年12月26日から2015年1月30日まで「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/地域自立システム化実証事業/事業性評価(FS)」に係る公募を実施し、厳正な審査の結果、6件の採択予定先を決定した。

バイオマスエネルギーの利用拡大を推進するためには、熱利用等を有効に図り効率よく運用する最適なシステム化が必要である。このため、NEDOでは利用拡大のための技術指針、導入要件を策定するため、バイオマスエネルギーを利用した具体的な事業について、地域自立システムとしての『事業性評価(FS)』および『実証事業(助成事業)』を行う。事業性評価(FS)および実証の結果は技術指針、導入要件の策定に反映される。

採択された実証事業と委託先は以下の通り。

(※全文:776文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.