> > 2015年の省エネ関連の「窓材」市場、2014年比10.2%増に 民間調査

2015年の省エネ関連の「窓材」市場、2014年比10.2%増に 民間調査

記事を保存
2015年の省エネ関連の「窓材」市場、2014年比10.2%増に 民間調査

矢野経済研究所の調べによると、省エネを目的とした建築用ウィンドウフィルム(建築用省エネフィルム)とLow-E複層ガラスを合算した、2015年の環境・省エネ関連窓材市場は、国内メーカー出荷数量ベースで、前年比10.2%の1,570万平方メートルになる見通し。

内訳をみると、建築用省エネフィルムが320万平方メートル(前年比103.2%)、Low-E複層ガラスは1,250万平方メートル(前年比112.1%)で、順調な伸びを予測する。Low-E複層ガラス市場は、国土交通省の「省エネ住宅ポイント制度」により、2015年は再びの普及率が上昇基調に向かうとみている。また、建築用省エネフィルム市場において、熱貫流率を従来よりも低く抑えたグレードの製品である低熱貫流フィルムは55万平方メートル(前年比110.0%)と、建築用省エネフィルム全体よりも高い伸びを示すとみている。

本調査は、環境・省エネ関連窓材市場について、国内メーカーの建築用省エネフィルムとLow-E複層ガラスを対象に実施したもの。調査期間は2014年9月~2015年3月。市場は国内メーカーの国内出荷分と海外輸出分を合算し、メーカー出荷数量ベースで算出した。

その他、調査結果の概要は以下のとおり。

環境・省エネ関連窓材市場は年率5~10%程度の成長を維持

建築用省エネフィルムとLow-E複層ガラスを合算した、2014年の環境・省エネ関連窓材市場は前年比105.2%の1,425万平方メートルの見込み。同市場は、2012年には前年の反動でマイナスとなったが、2013年以降はコンスタントに年率5~10%程度の成長を維持している。内訳をみると、建築用省エネフィルムが310万平方メートル(前年比101.6%)、Low-E 複層ガラスは1,115万平方メートル(前年比106.2%)である。

2014年の建築用省エネフィルム市場では低熱貫流フィルムが11%増

建築用省エネフィルムの需要は、2011年の電力不足により、冷房効率向上のため建物窓への施工のニーズが増えたことから急拡大したが、2012年には前年の反動で大幅に縮小した。市場の混乱は2013年には収束し、それ以降は微増傾向で推移している。

こうした中、フィルムメーカーサイドでは夏場の暑さ対策だけでなく、冬場の暖房効率向上も含めオールシーズンでの省エネ効果を発揮する製品を開発しており、熱貫流率を従来よりも低く抑えたグレードの新製品(低熱貫流フィルム)が相次いで発売されている。2014年の建築用省エネフィルム市場は310万平方メートル(前年比101.6%)を見込み、このうち50万平方メートル(前年比111.1%)が低熱貫流フィルムとなる。

2015年度のLow-E複層ガラス市場は省エネ住宅ポイント制度が追い風に

2014年のLow-E複層ガラス市場は、消費税増税の影響を受けて、前年比106.2%の1,115万平方メートルを見込む。2015年は国土交通省の「省エネ住宅ポイント制度」により、再びLow-E複層ガラスの普及率は上昇基調に向かうと予測する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.