> > フィリピンの3輪タクシーをEVに 排気ガスも減り、運転手も助かる新ビジネス

フィリピンの3輪タクシーをEVに 排気ガスも減り、運転手も助かる新ビジネス

記事を保存
フィリピンの3輪タクシーをEVに 排気ガスも減り、運転手も助かる新ビジネス

モビリティサービスを提供するベンチャー企業のGlobal Mobility Servic(東京都千代田区/GMS)と富士通(東京都港区)は、フィリピンでのICT(情報通信技術)を活用した電動三輪タクシーの普及に向けて、サービス拡充のための実証を開始する。

GMSは、独自開発した車両遠隔制御システム「Mobility-Cloud Connecting System」(MCCS)によって、車両の現在位置の把握や、利用料金の支払いに滞りが生じた際に走行を遠隔で停止させることなどが可能なモビリティサービスの実証実験を2014年9月から2015年1月にフィリピンのマニラ首都圏で行った。

今回、富士通の位置情報活用クラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution SPATIOWL」(SPATIOWL)と連携することで、バッテリーの残量と消耗具合から走行可能距離を導き出す機能や給電スポットまで誘導するサービス、電力消費量の少ないルートを案内するサービスなどを可能とする実証実験を、2015年秋より同地域で行う。その後、GMSが今春から運用しているサービスにこれらの機能を拡充させ、2016年度中にフィリピンで展開する。

MSプラットフォームシステムとSPATIOWL連携イメージ

GMSプラットフォームシステムとSPATIOWL連携イメージ

これにより両社はフィリピンにおける電動三輪タクシーの普及を支援し、環境改善や利便性向上に貢献していきたい考えだ。さらに今後、電動車両の市場の拡大が見込まれる東南アジアおよび中国でのサービス展開も検討する。

なお、GMSは本格的なサービス開始に向け、フィリピン最大の通信キャリア・PLDTグループのスマート社とMCCSの通信に同社のネットワークシステムを活用し、大規模車両提供サービスを行うこと、フィリピン最大の配電会社・メラルコグループMSERV社と給電インフラの整備を共同で行うこと、フィリピン最大の料金回収企業・メラルコグループ バイアドセンター社とリアルタイムで支払いの状況を確認できるシステムの構築を共同で行うことで業務提携した。

(写真左)Mobility-Cloud Connecting System、(写真右)ケソン市での調印時の様子

(写真左)Mobility-Cloud Connecting System、(写真右)ケソン市での調印時の様子

フィリピンでは、ガソリンを燃料とする三輪タクシー(トライシクル)が生活者の移動手段として定着しているため、大気汚染問題が深刻化し、政府は排気ガスを出さない電動三輪タクシーの導入を推進している。しかし、ドライバーは低所得者層が多く、電動三輪タクシーを購入したくても与信審査が通らないケースがある。そこでGMSは与信審査が不要な電動車両提供サービスの展開を目指している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.