> > フィリピンの3輪タクシーをEVに 排気ガスも減り、運転手も助かる新ビジネス

フィリピンの3輪タクシーをEVに 排気ガスも減り、運転手も助かる新ビジネス

 印刷 記事を保存

モビリティサービスを提供するベンチャー企業のGlobal Mobility Servic(東京都千代田区/GMS)と富士通(東京都港区)は、フィリピンでのICT(情報通信技術)を活用した電動三輪タクシーの普及に向けて、サービス拡充のための実証を開始する。

GMSは、独自開発した車両遠隔制御システム「Mobility-Cloud Connecting System」(MCCS)によって、車両の現在位置の把握や、利用料金の支払いに滞りが生じた際に走行を遠隔で停止させることなどが可能なモビリティサービスの実証実験を2014年9月から2015年1月にフィリピンのマニラ首都圏で行った。

(※全文:1,018文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.