> > HEMSの電力ビッグデータを使ったサービスが開始 通信3社とパナソニック

HEMSの電力ビッグデータを使ったサービスが開始 通信3社とパナソニック

記事を保存
HEMSの電力ビッグデータを使ったサービスが開始 通信3社とパナソニック

NTT東日本、KDDI、ソフトバンクモバイル、パナソニックの4社は7日、全国約1万4千世帯のモニターから得られる、家庭向けエネルギー管理システム「HEMS」データを活用した生活支援サービスの提供を開始すると発表した。

本事業は、4社を幹事企業とする「iエネ コンソーシアム」が、経済産業省が実施する「大規模HEMS情報基盤整備事業」の2015年度事業において、2014年度に引き続き、交付決定を受けて実施するもの。

2014年度事業では、2014年9月の開始以降、各家庭の電力データを一元的にクラウド管理する情報基盤システムを構築するとともに、全国約1万4千世帯のモニターに対してHEMSの導入を行ってきた。

2015年度事業では、「HEMSデータ利活用サービスの提供」として、2014年度に構築したこの「大規模HEMS情報基盤」を通じてHEMSデータ利活用事業者が提供する各種サービスを、モニターに利用してもらい、その効果を検証する。

KDDIは三重県桑名市でサービス提供

本取組みにおいて、KDDIと三重県桑名市は、2015年5月中旬より同市において「大規模HEMS情報基盤」を活用した実証事業を開始する。本実証事業では、全国のモニターから得られる電力ビッグデータを活用し、「電力の見える化」や「節電アドバイス」を行うほか、「テレビのデータ放送との連携サービス」や「高齢者の見守りサービス」、「地域商店街への来店促進サービス」など生活支援サービスを、各サービス提供事業者を通じて順次提供していく。

またモニターからのアンケートや利用状況の検証により、HEMSサービスの利用促進、より魅力的なHEMSデータ利活用サービスの提供を目指す。サービスの提供期間は5月11日~2016年3月を予定している。

「iエネ コンソーシアム」による2015年度事業では、「HEMSデータ利活用サービスの提供」とともに、スマートメーター(次世代電力量計)・HEMS機器を結ぶ通信ルート(Bルート)から情報を取得・活用するための「スマートメーターとHEMS機器の接続・Bルート情報の流通」を実施する。

本取組みは、モニター宅のスマートメーターとHEMS機器の接続によりBルート情報を取得し、より正確な電力データに基づく質の高いサービスの提供を可能とするもの。また取得したBルート情報が、大規模HEMS情報基盤を通して円滑にHEMSデータ利活用事業者へ流通することを検証する。本取組みは、各地域の電力会社のスケジュールに応じて開始する。

「iエネ コンソーシアム」は、本整備事業を推進するにあたって、約30社が参画、設立したコンソーシアム。情報管理事業者、HEMS管理事業者、HEMSデータ利活用事業者が参画する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.