> > 雪冷熱エネルギーはデータセンターに使えるか? 新潟県が検証事業者を募集

雪冷熱エネルギーはデータセンターに使えるか? 新潟県が検証事業者を募集

記事を保存

新潟県は、雪冷熱エネルギーを活用したクリーンで電力消費が少ない次世代データセンターの立地に向け提案型公募を実施する。

これは、県内における雪冷熱エネルギー利用の促進と情報通信関連産業の振興を目的として、「雪冷熱活用データセンター立地事業」として実施されるもの。具体的には、データセンターへ雪冷熱エネルギーを供給するための設備の整備、データセンターへの雪冷熱エネルギーの供給、雪冷熱エネルギーの供給効果・経済性の検証などを行う。

応募資格

規定の要件を満たす企業、団体など。共同企業体、コンソーシアム形式による提案も可能。

委託期間

原則、契約日から2017年3月31日まで。ただし、設備整備事業は2016年3月31日まで。

対象用地

2014年度に県が実施した適地調査の結果、評価の高かった4用地
(上越市板倉区、魚沼市十日町、津南町中深見甲、十日町市伊達丙)

データセンター要件

  • 規模/要件なし(段階的に規模を拡張する提案を含む)
  • 建設場所/上記対象用地の4カ所から事業者が選択する1カ所
  • 完成時期(稼働時期)/原則2015年度から2016年度上期の間

事業委託要件

  • 委託費用(上限額)1.1億円(内訳/施設設計・建設1.0 億円 運用費0.1億円)
  • 事業施設基準/貯雪量8,000トン、雪冷熱活用規模20ラック(委託費用の範囲内において規模の増減は可能)

採用件数

1事業者(1用地)

スケジュール

5月28日に新潟県自治会館(新潟市中央区)にて説明会を開催する。参加希望者は5月27日17時までに申し込みが必要。企画提案公募参加申込書提出締切は7月3日。企画提案書提出締切は7月17日。委託事業者の決定は8月上旬の予定。

【参考】
新潟県 - 雪冷熱エネルギーを活用したデータセンターの立地に向け提案型公募を実施します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.