> > 青森県・八甲田温泉での地熱資源、開発調査進む 新たな調査坑井掘削へ

青森県・八甲田温泉での地熱資源、開発調査進む 新たな調査坑井掘削へ

記事を保存
青森県・八甲田温泉での地熱資源、開発調査進む 新たな調査坑井掘削へ

大林組・JR東日本・川崎重工業の3社は、青森県青森市八甲田北西地域の国有林内で2013年度から進めている地熱資源開発調査において、新たな調査杭井を1本掘削すると発表した。

2014年度までに実施した地表からの調査の結果に基づき、地質構造把握のために今回の掘削作業が実施されることなり、3社は地元自治体や弘前大学等の協力を得ながら、環境保全に配慮し作業を進める予定。

掘削作業期間は2015年6月上旬から10月下旬の予定で、深さ約2,000メートルを掘削する。また、同調査と並行し、生物・生態系調査や周辺温泉のモニタリング調査も実施される予定だ。

同事業は、今年5月にJOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)による地熱資源開発調査事業費の助成事業に採択され、実施されるもの。

この助成制度は、日本の法人が国内で行う地熱資源調査費の一部を支援する制度だ。日本の地熱資源はその大部分が自然公園内に賦存しており、周辺環境と調和した資源開発が必須だ。同助成事業は、温泉への影響も含めたモニタリング調査や事前調査に関しても助成金を交付し支援を行う。昨年度の助成実績は23件だった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.