> > 大分県で大規模地熱バイナリー発電所稼働 自治体の熱源を買い取るモデル

大分県で大規模地熱バイナリー発電所稼働 自治体の熱源を買い取るモデル

記事を保存
大分県で大規模地熱バイナリー発電所稼働 自治体の熱源を買い取るモデル

九電みらいエナジーは、大分県九重町で平成26年4月から建設を進めていた「菅原バイナリー発電所」の営業運転を6月29日から開始した。同発電所は地熱バイナリー方式では国内最大規模の出力を持つ。

「菅原バイナリー発電所」の発電出力は5,000kW。発電方式は媒介にペンタンを用いた空冷式バイナリー発電方式。想定発電量は年間約3千万kWh、これは一般家庭約8,000戸分の年間使用電力量に相当する。発電された電力は九州電力に売電され、九電みらいエナジーはその内から熱使用料を九重町に支払う。

発電事業のスキーム

発電事業のスキーム

同発電所は、九重町が地熱資源である蒸気・熱水を提供し、同社がその資源を使用して発電する国内初の自治体と民間企業が協働する地熱発電事業である。地熱井の所有者として九重町が生産井2本、還元井1本を提供し、九電みらいエナジーは発電所の運営管理を行う。

九電みらいエナジーは九州電力が100%株主とする子会社である。再生可能エネルギーに関連する発電事業、調査・設計・建設・運営管理事業、オンサイト発電サービスを主な事業とする。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.