> > 加古川市、防犯灯8000本をLED化する事業者募集 町内会の11000本も対象

加古川市、防犯灯8000本をLED化する事業者募集 町内会の11000本も対象

記事を保存

兵庫県加古川市は、市内の防犯灯8,000灯をLED化するリース事業者を、公募型プロポーザルで募集している。

同公募では、価格のみで判断することが難しい下記の内容について、優れた提案を行った事業者を採択する。

  1. LED照明器具の選定
  2. LED照明器具の施工・施工管理方法
  3. 電力会社への契約手続きに関する実施体制
  4. 防犯灯管理台帳電子システムの構築

リース契約期間は10年間。提案上限額は1億7117万5,680円(税込)で、期間内の管理や無償メンテナンスを含むものとする。また、設備点検を、2016年度、2018年度、2021年度、2024年度に予定している。

今回、LED化の施工対象となる防犯灯は、同市が管理する8,000灯だが、その他に町内会・自治会により管理される約11,000灯が存在する。採択事業者は、これらのLED化についての相談と支援を行うことも求められる。

応募者の条件は、リース事業者を代表とする、製造・販売業者、施工・管理業者、 電子システム構築・運用事業者の4者以上からなる国内企業によるコンソーシアムであること。

応募にあたっては、7月17日までに参加申し込みをし、参加資格を得てから企画提案書を7月31日までに提出する。8月6日のプレゼンテーションを経て審査後、8月中に採択事業者が決定し、9月から契約締結および業務履行となる。

【参考】
加古川市 - 加古川市防犯灯LED化事業に係る公募型プロポーザルの実施

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.