> > JOGMEC・秋田県湯沢市、地熱利用の自治体サミット+見学会を開催

JOGMEC・秋田県湯沢市、地熱利用の自治体サミット+見学会を開催

記事を保存

JOGMECと秋田県湯沢市は、国内では約20年ぶりに大型地熱発電所が着工した湯沢市で、地熱が地域にもたらす付加価値について、全国の地方自治体の首長と一般参加者がともに考えるイベント「全国地熱自治体サミット in 湯沢」を開催する。

このサミットでは、地熱が地域にもたらす付加価値について首長同士が議論することはもちろん、湯沢市の高校生、青年会議所、商工会議所青年部などが討論や事例発表を行うなど、一般参加者とともに考えるイベントとして、ディスカッションの場が用意されている。サミット2日目の8月8日には、湯沢市内の地熱関係施設等を巡る「地熱施設見学会」が開催される。

全国地熱自治体サミット in 湯沢

開催期間

2015年8月7日(金)13:00~17:00(予定)  2015年8月8日(土)9:00~15:00(予定)

開催地

秋田県湯沢市にある湯沢グランドホテル「ダイヤモンドホール」他。

イベント概要

8月7日(金)

  • 開会挨拶(JOGMEC)、来賓挨拶(資源エネルギー庁、秋田県)
  • 全国地熱自治体サミット 第Ⅰ部 「地熱開発が地域にもたらすもの」
    参加自治体首長によるプレゼンテーションと質疑応答
    (参加自治体:北海道森町、岩手県八幡平市、岩手県雫石町、秋田県湯沢市、宮城県大崎市、福島県柳津町、大分県九重町、鹿児島県指宿市)
  • 全国地熱自治体サミット 第Ⅱ部 「地域の課題と地熱開発の付加価値」
    湯沢市での具体的な事例を地域の若い世代や青年会議所等から紹介
    首長や上記事例紹介者によるパネルディスカッション

8月8日(土)

  • 地熱施設見学会
    湯沢市内の地熱発電所、地熱調査地点、地熱利用施設、ジオパークのスポットなどをめぐる見学会

参加には事前に「全国地熱自治体サミット in湯沢」WEBサイトから申し込みが必要。参加費は無料。定員300名。申し込み多数の場合は抽選。申し込み締め切り日は、2015年7月24日(金)。

秋田県湯沢市は、地熱資源に恵まれ、上の岱(うえのたい)地熱発電所が1994年から稼動しているほか、今年5月からは、JOGMECが債務保証を実施した国内では約20年ぶりの大型地熱発電所となる山葵沢地熱発電所の建設を開始した。また、新たな地熱発電を目指した調査も行っている。

【参考】
JOGMEC - 「全国地熱自治体サミット in 湯沢」を開催

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.