> > エネルギー小売自由化時代の生き残りをかけて 楽天、ガス会社と提携し新サービス

エネルギー小売自由化時代の生き残りをかけて 楽天、ガス会社と提携し新サービス

記事を保存

楽天(東京都品川区)とクレックス(千葉県千葉市)は、家庭・法人事業者向けの電力販売に関する業務提携に向けた検討を開始することで基本合意し、電力、ガスおよび「楽天スーパーポイント」を組み合わせた新サービスの共同開発を推進する。

今後の提携にあたり、両社は簡易HEMSなどを活用し、クレックスのLPガス顧客に対して、新サービスの共同開発を検討する。また、今月からクレックスの関東圏における既存顧客を対象に、1万世帯のモニターを募集して顧客ニーズなどを調査し、新サービス開発につなげる。

両社は今後、電力とガスの小売全面自由化がもたらす市場環境の変化に対し、エネルギー供給や保守を中心としたクレックスの顧客サービスと、楽天の技術力やポイントプログラムなどを掛け合わせて独自のサービスを提供することで、差別化やパートナー戦略を推進していく。

楽天は、独自のインターネット・ショッピングモール、B2B2C型の「楽天市場」をはじめオンライン旅行予約、金融、電子マネー、電子書籍など楽天スーパーポイントを活用し、多様なサービスをワンストップで提供する「楽天経済圏」のさらなる拡大を進めているが、エネルギー事業の分野でも、2016年の電力小売全面自由化と2017年に予定されるガス小売全面自由化に向け、新たなサービスを検討してきた。その中で、完全自由化市場における長年のエネルギー供給実績やエンドユーザとの強い接点を有し、広域に事業を展開している大手優良LPガス事業者は、人々と社会を活性化させる楽天のビジネスモデルとの親和性が高いという観点から有望な協業候補ととらえ、提携先を模索してきた。

一方、関東、東北、北海道を中心にLPガスの小売事業を展開するクレックスは、エネルギー業界の自由化の流れに対応した新規事業展開を最優先課題として、電気小売事業の検討を行ってきた。その中で、顧客満足度の向上にも寄与するHEMSを活用した新規需要開発に強みを持つ提携先を模索していた。

今回、双方のニーズに合致し、両社で新サービスの共同開発が期待できると判断し、基本合意に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.