> > 建設機械もIoT化 モニタリングでCO2排出量を削減する実証試験が開始

建設機械もIoT化 モニタリングでCO2排出量を削減する実証試験が開始

記事を保存
建設機械もIoT化 モニタリングでCO2排出量を削減する実証試験が開始

東急建設(東京都渋谷区)は、建設現場のスマート化に向けた第一歩として、IoT(モノのインターネット)による「建設機械のCO2排出量モニタリングシステム」の実証試験に着手した。

本システムは、建設機械に小型で比較的安価な「マシン・コミュニケーション機器」を取り付け、セールスフォース・ドットコム(本社/米サンフランシスコ)が展開するプラットフォーム「Salesforce1 Platform」上でデータを集積し、分析・処理することで建設機械の稼働状況やCO2排出量をタブレット、パソコン、スマートフォンで可視化できる。そのほか、重機の稼働状況とシステムの機能の一つであるGPSの位置データを組み合わせることで、近隣へのリスクコミュニケーションツールとしても活用可能。

IoTの導入により建設機械の稼働状況を正確に計測できるため、重機などの実効燃費の改善によるCO2排出量削減や環境負荷低減を評価するツールとして活用できる。また、CO2排出量のデータ入力にかかる手間の省力化や入力忘れの防止になる。

東急建設は、円滑な工程管理を目指すとともに、環境に配慮した建設活動を推進する技術として同社のCSRの取り組みにもつなげていく。さらに、本システムで集積した多種多様な建設現場のビッグデータを分析・処理することで、建設現場に埋もれたニーズの発掘や新たなサービスの開発につなげ、新規市場の開拓などへの展開を目指す。

また、様々なIoTのセンシング技術を活用することで、これらの技術を用いたトータルな現場システムとしてのサービス化に取り組むとともに、環境保全をはじめ、安全や品質向上をリードする情報技術の開発を推進していきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.