> > 建設機械もIoT化 モニタリングでCO2排出量を削減する実証試験が開始

建設機械もIoT化 モニタリングでCO2排出量を削減する実証試験が開始

 印刷 記事を保存

東急建設(東京都渋谷区)は、建設現場のスマート化に向けた第一歩として、IoT(モノのインターネット)による「建設機械のCO2排出量モニタリングシステム」の実証試験に着手した。

本システムは、建設機械に小型で比較的安価な「マシン・コミュニケーション機器」を取り付け、セールスフォース・ドットコム(本社/米サンフランシスコ)が展開するプラットフォーム「Salesforce1 Platform」上でデータを集積し、分析・処理することで建設機械の稼働状況やCO2排出量をタブレット、パソコン、スマートフォンで可視化できる。そのほか、重機の稼働状況とシステムの機能の一つであるGPSの位置データを組み合わせることで、近隣へのリスクコミュニケーションツールとしても活用可能。

(※全文:706文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.