> > 2016年、環境産業の市場規模は約104.2兆円 約3.6%増で過去最大

2016年、環境産業の市場規模は約104.2兆円 約3.6%増で過去最大

 印刷 記事を保存

環境省は、国内の環境産業について「市場規模」「雇用規模」「輸出入額」「付加価値額・経済波及額」の推計結果をまとめた2016年版報告書を公表した。

これによると、国内環境産業の市場規模は、2016年に約104.2兆円(前年比約3.6%増、2000年の約1.8倍)となり、過去最大となった。全産業に占める環境産業の市場規模の割合は、2000年の6.1%から2016年には10.4%まで上昇した。また、2016年の雇用規模と付加価値額も過去最大となり、環境産業が日本の経済成長に与える影響が大きくなっている。

なお、環境産業については「供給する製品・サービスが、環境保護と資源管理に、直接的または間接的に寄与し、持続可能な社会の実現に貢献する産業」と定義している。また、「環境汚染防止」、「地球温暖化対策」、「廃棄物処理・資源有効利用」、「自然環境保全」の4分野に分けている。

その他の推計結果概要は以下の通り。

(※全文:1,903文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.