> > 東京都、また建設リサイクル法の一斉パトロール 例年より厳しめに実施

東京都、また建設リサイクル法の一斉パトロール 例年より厳しめに実施

 印刷 記事を保存

東京都は7月27日、5月に建設リサイクル法に関するパトロールを抜き打ちで実施し、標識の未掲示や分別解体の不徹底が確認された現場において、444件の指導等を行ったと発表した。

具体的には、「法に基づく助言」が12件、「法に基づく報告の徴収(分別解体等の実施の状況に関し報告を徴収)」が3件、「法に基づかない指導等(軽微な事項や他法令違反の場合等)」が429件。「法に基づく助言」は、分別解体等の適正な実施を確保するために行うもので、届け出た工法によらず、分別が適正に行われない工法により行われている場合などが対象となる。

(※全文:1020文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.