> > ブルーライトを出さない有機EL照明モジュール 三菱化学とパイオニアが新開発

ブルーライトを出さない有機EL照明モジュール 三菱化学とパイオニアが新開発

記事を保存
ブルーライトを出さない有機EL照明モジュール 三菱化学とパイオニアが新開発

三菱化学(東京都千代田区)とパイオニア(神奈川県川崎市)は、「ブルーライトレス塗布型有機EL照明モジュール」を開発し、8月1日よりサンプル出荷を開始する。

本モジュールは、有機ELパネルに青色素子を使用しておらず、光の中にごくわずかなブルーライト成分(当社有機EL照明モジュール3,000Kタイプ比:1%未満)しか含んでいない。色温度1,900K、ろうそく色タイプで、寝室や医療現場の照明のほか、光による損傷が懸念される文化財や絵画などの保管用照明にも適している。サンプル販売は、両社出資のMCパイオニアOLEDライティング(東京都新宿区)が行う。

ブルーライトは、自然光や人工光源に含まれる波長380~495nm(ナノメートル)の光で、可視光線の中で最もエネルギーが強く、ほぼ減衰することなく眼の網膜に到達する。このため、眼の疲れなどの原因になったり、就寝前に多量のブルーライトを浴びると睡眠を司るホルモンの分泌が抑制されるため、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなるなど睡眠の質の低下につながると言われている。近年、ブルーライト成分を多く含む光源を採用したパソコンやスマートフォンなどの使用時間が増えており、長時間浴びることへの注意喚起がなされている。

両社は2012年より有機EL照明モジュールの出荷を開始し、2014年には製造コストを抑えた「発光層塗布型有機EL照明モジュール」の量産を開始した。面発光で薄型・軽量という特長をもつ有機EL照明のラインアップに、ブルーライトレスタイプが加わることで、さらに幅広い用途提案が可能になる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.