> > 山形県最上町に木質ガス化発電所 電力に加え、熱も地域に供給する予定

山形県最上町に木質ガス化発電所 電力に加え、熱も地域に供給する予定

記事を保存

ZEデザイン(京都府京都市)とZEエナジー(東京都港区)は7月28日、山形県最上町と木質バイオマスガス化発電事業について協力体制構築に関する覚書を締結し、1,000kWの木質ガス化発電所の開設に向けた取り組みを開始した。

発電した電力は、一定期間は東北電力に売電を行い、ZEデザインまたはZEエナジーが特定規模電気事業者の免許を取得し、同町管内に供給することが可能になった際は、同町へ優先的に電力を販売し、地域の電力会社として活動していく予定。また、発電時に発生する熱は、同町および施設内での有効活用を検討しており、最上町バイオマス推進協議会(仮称)を設置し、三者と地域の有識者などによる協議を進めていく。

発電所の着工は今年10月、売電開始は2016年10月の予定。木質ガス化発電所の開設はZEデザインとしては初。両社は、本事業を通じて同町の活性化や雇用の創出に努め、バイオマスエネルギーによる地方創生と同町の発展に貢献したい考えだ。

同町は町の面積の84%を山林が占め、かつては薪や炭への利用で林業が盛んだったが、化石燃料によりそれらの事業は低下の一途をたどっていた。近年、地域の福祉施設に森林エネルギーによる熱供給を行うなど盛り上がりを見せており、さらには本事業による電力供給も始まり、バイオマスエネルギーによるまちづくりを推進している。

ZEデザインは再生可能エネルギー由来の発電事業、ZEエナジーは2,000kW以下の「コンパクトバイオマス発電装置」などバイオマス発電施設の運営管理、売電事業などを手がけ、持続可能な社会や地産地消のエネルギーモデルの実現へと取り組んできた。今回、かねてより計画していた自社発電所の開設に賛同した同町とともに、地域の森林資源を有効利用し、バイオマス発電システムの発展に努めるため、本覚書の締結に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.