> > 鹿児島県の川内駅、EMS・太陽光発電・風力発電・蓄電池など導入で防災拠点化

鹿児島県の川内駅、EMS・太陽光発電・風力発電・蓄電池など導入で防災拠点化

 印刷 記事を保存

三菱電機(東京都千代田区)は、鹿児島県薩摩川内市から、川内駅におけるエネルギーシステム整備工事を設計・施工一括方式で受注した。

同市は、国内で初めて自治体所有の駅自由連絡通路などの防災拠点化を目指しており、同社は今回、エネルギーマネジメントシステム(EMS)を活用して再生可能エネルギーなどを統合することで、非常時の防災拠点への安定した電力供給などに貢献する。

(※全文:938文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.