> > ブラジル、ソーラー街灯を4300本も高速道路に設置 その出力、なんと計3.2MW

ブラジル、ソーラー街灯を4300本も高速道路に設置 その出力、なんと計3.2MW

記事を保存
ブラジル、ソーラー街灯を4300本も高速道路に設置 その出力、なんと計3.2MW

ブラジルのエンジニアリング企業・Soter社は、リオデジャネイロの5つの主要な高速道路を結ぶArco Metropoliano do Rio de Janeiroに、京セラ太陽電池モジュールを搭載した独立型ソーラー街灯約4,300基を設置した。

リオデジャネイロ州政府の公共事業の一環で、高速道路全長145kmの半分以上にあたる約73kmにソーラー街灯を導入。街灯に搭載された太陽光発電システムの出力は合計3.2MWで、高速道路への設置ではブラジル最大。

年間発電量は合計2.8GWhを見込み、これはブラジルの一般家庭約1,527世帯の消費電力量に相当し、1,583エーカーの森が吸収するのと同量の二酸化炭素排出量を削減できる。これによりブラジル政府は送電網を持たなかった地域の高速道路の電灯へ電気を供給することが可能になった。

送電網が無い地域でも、高速道路を照らすことができた

送電網が無い地域でも、高速道路を照らすことができた

なお、設置されたのは「The Kyocera Solar Streetlight Kit」という製品。150W型のLED照明、太陽光発電モジュール3枚(京セラKD250)、4台の蓄電池と制御システム(240Ah/12Vcc、TS-MPPT-45/48Vcc)、フォトレジスタ、街灯のポールなどを含むセットだ。

国際エネルギー機関が発表した2013年の「世界のエネルギー見通し」によると、ブラジルの一次エネルギー需要のうち45%近くが再生可能エネルギーによって満たされており、同国のエネルギー部門は世界で最も炭素集約度の低い国のひとつとなっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.