> > JR東日本、ペットボトルを「メカニカルリサイクル」開始 従来法より省エネ

JR東日本、ペットボトルを「メカニカルリサイクル」開始 従来法より省エネ

 印刷 記事を保存

JR東日本ウォータービジネス(東京都渋谷区)は、大宮・浦和エリアの一部の駅で、エキナカ自販機に備え付けたゴミ箱から回収するペットボトルについて、エキナカでは初めて「メカニカルリサイクル」へ供給を開始した。

これは、回収したペットボトルから飲料用ペットボトルを製造する「ボトル to ボトル」リサイクルの一環。市区町村やスーパーの回収ルートにエキナカを加えることで、国内循環型リサイクルの拡大を進める。なお、同エリアの駅では、一般のゴミ箱で回収するペットボトルもメカニカルリサイクルに供給される。

(※全文:690文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.