> > 調光・調色もでき、安い「塗布型」の有機EL照明パネル、2016年から量産

調光・調色もでき、安い「塗布型」の有機EL照明パネル、2016年から量産

記事を保存
調光・調色もでき、安い「塗布型」の有機EL照明パネル、2016年から量産

三菱化学(東京都)とパイオニア(神奈川県)は、塗布型有機EL照明の調光・調色型パネルを開発し、2016年初旬から量産出荷すると発表した。

同新製品は、従来品の発光層蒸着型の調光・調色型74mm×67mmサイズのパネルと比較した場合、製造コストが約1/3以下に低減された。また、今回ラインアップされるのは、92mm×92mm、69mm×66mm、55mm×50mmの三つのサイズだ。パネルの薄さは1.08mm。最大輝度は2,000カンデラ/平方メートル、色温度は3,000~5,000ケルビン。

同2社は、2012年から蒸着型有機EL照明モジュールの出荷を、2014年からは製造コストを抑えた白単色の発光層塗布型有機EL照明モジュールの量産をおこなって来た。

面発光で薄型・軽量という特長をもつ有機EL照明のラインアップに、シーンに合わせてさまざまな光の表現が可能な調色タイプのコスト低減モデルを追加することで、幅広いニーズへの対応を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.