> > トラックより省エネな電車で運んだ商品に「エコレールマーク」 新たに18件認定

トラックより省エネな電車で運んだ商品に「エコレールマーク」 新たに18件認定

記事を保存
トラックより省エネな電車で運んだ商品に「エコレールマーク」 新たに18件認定

国土交通省は、トラックなどの陸上輸送よりも効率的な輸送方法(モーダルシフト)のうち、鉄道貨物輸送を一定以上利用している商品や企業がわかる「エコレールマーク」の認定商品に18件、認定企業に4件を新たに認定した。

新規認定された商品は、パロマ(愛知県名古屋市)のガステーブルコンロ、ガスビルトインコンロ、ガスふろ給湯器など9件、淀川製鋼所(大阪府大阪市)の物置、倉庫、ガレージなど7件、アサヒ飲料(東京都墨田区)の麦茶など2件の合計18件。新規認定された企業は、パロマ、淀川製鋼所、サントリービール(東京都港区)、サントリースピリッツ(東京都港区)の4件。

今回の認定を受けて、認定商品は合計199品目(161件)、認定企業は合計86件となった。また、イオン(千葉県千葉市)、グリーンパックス(東京都豊島区)、京葉臨海鉄道(千葉県千葉市)、多治見通運(岐阜県多治見市)が新たに協賛企業となり、協賛企業は合計で27件となった。

エコレールマーク制度は、エコレールマークの認定を行い、マークの表示によって消費者に判断基準を提供する制度。エコレールマークの表示された商品などを通じて、流通過程において企業が地球環境問題に貢献していることを消費者に意識してもらい、企業の鉄道貨物輸送へのモーダルシフトを促進することを目的とする。

認定基準は以下の通り。

認定商品

  • 500km以上の陸上貨物輸送のうち30%以上鉄道を利用している商品

認定企業

  • 500km以上の陸上貨物輸送のうち15%以上鉄道を利用している企業
  • 数量で年間1万5千トン以上、または、数量×距離で年間1,500万トンキロ以上の輸送に鉄道を利用している企業

【参考】
国土交通省 - 第32回「エコレールマーク」の認定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.