> > 新しい1歩を踏み出せるか。着々と進む気候変動の議論

新しい1歩を踏み出せるか。着々と進む気候変動の議論

 印刷 記事を保存

国連気候変動枠組条約の下の「強化された行動のためのダーバン・プラットフォーム特別作業部会(ADP)」第2回会合第10セッションが、8月31日~9月4日、ドイツ・ボンにおいて開催された。

今年末にフランス・パリで開催されるCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)では、2020年以降の温室効果ガス排出削減の新たな国際枠組み(ポスト京都議定書)の採択が予定されている。

ADPは、2011年末に南アフリカ・ダーバンで開催されたCOP17での決定を受け設置された。(1)2015年に採択される予定の、全ての国に適用される2020年以降の新たな枠組み(ワークストリーム1)および(2)2020年までの緩和の野心の向上(ワークストリーム2)について議論を行っている。

なお、次回会合は10月19日~10月23日にドイツ・ボンにおいて開催される予定。

環境省が、今回の会合の結果概要について以下のとおり、取りまとめている。なお、以下「法的合意」は「議定書、別の法的文書、又は法的効力を有する合意された成果」を、「2015年合意」は法的合意、COP21決定、その他文書のパッケージを意味する。

1.2020年以降の新たな枠組みについての議論(ワークストリーム1)

本年2月に2015年合意の「交渉テキスト」が配布された。7月24日には、これを共同議長が法的合意に含める事項(Part1)、COP21決定に含める事項(Part2)、その他位置づけについてさらなる明確化が必要な事項(Part3)に整理した「共同議長ツール」という文書が公表され、今次会合では同文書を元に議論が行われた。

引き続き「交渉テキスト」の章(緩和、適応/損失と損害、資金、技術開発・移転、能力開発、行動と支援の透明性、目標の時間枠及びプロセス、等)ごとに、共同議長から任命された共同ファシリテーターの下で議論が行われるとともに、各ファシリテーター会合の下で特定の要素について議論する非公式会合が行われた。

今回の議論を踏まえ、次回会合においては、起草委員会を設け、テキスト交渉を行うとともに、その過程で必要に応じて共同ファシリテーターによる非公式な会合を開催すること、共同議長が10月の第一週までに、「交渉テキスト」及び「共同議長ツール」に対する各国の反応を踏まえた、テキスト交渉の基礎となる文書を公表することが発表された。

主なポイントは以下のとおり。

(※全文:3,116文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.