> > サンテックパワー、240cmの積雪に耐える屋根一体型太陽光モジュールを発売

サンテックパワー、240cmの積雪に耐える屋根一体型太陽光モジュールを発売

記事を保存
サンテックパワー、240cmの積雪に耐える屋根一体型太陽光モジュールを発売

サンテックパワージャパンは、住宅用屋根建材型太陽光発電モジュール「ジャストルーフ」シリーズにおいて、最大で240センチの積雪に対応する製品を追加し、受注を9月15日より、出荷を10月1日より開始する。

新製品ではフレーム構造において雪止めのリブをなくし、雪を落とすことで積雪対応性を高めた。屋根の勾配など設置条件により、最大で240センチの積雪に対応することが可能。これにより、「ジャストルーフ」シリーズはこれまでよりも幅広い地域に対応する。

新製品は、単結晶セルを使用したモジュールで、公称最大出力が135W、モジュール変換効率が14.4%、外観寸法は903×1038×33mm。

今回発売するのは「MSZ-135SS」と、裏面に補強バーを設けた「MSZ-135SS-S1」の2種類。価格はオープン価格。「MSZ-135SS-S1」は「MSZ-135SS」タイプと組み合わせ、アレイ最下段に使用する。積雪100cm以上の最下段には必須で、100cm未満の場合も、軒先に巻き垂れ等、雪がたまる可能性がある場合は使用する。

本年6月に発売開始した現行製品「MSZ-135ST」は、同じ発電性能・発電効率・外形寸法のモジュールで、雪止めのリブを設けた100cm未満の積雪に対応する。なお、STタイプと「MSZ-135SS-S1」の併用は不可。

「ジャストルーフ」シリーズについて

「ジャストルーフ」シリーズは、サンテックパワーが1992年から展開している屋根建材と太陽光パネルの2つの機能を同時に提供する製品。屋根建材型の太陽光パネルは、外観も良く、軽量で、施工もシンプルなため、これから建築する住宅にとってはコストを抑え、工期を短くすることが可能であると同時に発電もできる製品として関心が高まっている。

同社では、「ジャストルーフ」に20年のモジュール出力保証、および太陽光発電システムとしてシステム10年保証を無償で提供。また、モジュール・システム周辺機器において火災や自然災害、施工後の屋根漏水などによる対象箇所の修繕、周辺機器の故障を補償する、サンテックパワー総合補償制度(10kW未満は無償)では、屋根漏水補償10年、自然災害補償10年を提供している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.