> > 地熱開発の理解促進補助金、3次公募は11件を採択

地熱開発の理解促進補助金、3次公募は11件を採択

記事を保存
地熱開発の理解促進補助金、3次公募は11件を採択

経済産業省は、地熱開発理解促進関連事業の3次公募において、全11件の事業を採択し、公表した。

この事業は地熱資源開発の推進を図るため、地方公共団体や温泉事業者等が地熱の有効利用などを通じて、勉強会や見学会を開催し、地域住民の開発に対する理解促進を目的とした事業を支援するもの。補助率は100%。

今回採択された11事業は、北海道経済産業局から3件、東北経済産業局から1件、中部経済産業局から1件、九州経済産業局から6件。採択事業者と事業概要の一例は下記の通り。

オリックス、羅臼町(北海道羅臼町)

2000kW規模の地熱発電のための調査を進めつつ、来年度より着工予定である中学校への熱水利用設備の詳細設計を行う。また、本年8月に発足した羅臼町協議会を主体とした勉強会、先進地調査を実施し、地域における地熱開発の理解促進を図る。

電源地域振興センター(福島県川内村)

平成27年度に発足した川内エネルギー自立協議会における取組の一環として、村内の地熱開発の意義について地元住民等関係者の理解を得るべく勉強会や 先進地視察を実施し、地域における地熱開発の理解促進を図る。

オリエンタル コンサルタンツ、小浜温泉エネルギー(長崎県雲仙市)

地熱発電に附随した熱水活用事業の事業化可能性等に関する調査を実施し、小浜温泉エネルギー活用推進協議会や地域住民等との勉強会・意見交換会を 実施することにより、地域における地熱開発の理解促進を図る。

第3次公募 採択事業実施区域

第3次公募 採択事業実施区域

なお、同事業の1次公募では28件、2次公募では9件の事業が採用された。

【参考】
経済産業省 - 平成27年度地熱開発理解促進関連事業支援補助金の採択(3次公募分)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.