> > 燃料電池(SOFC)を低コスト化できる新たな研究結果 東北大が発表

燃料電池(SOFC)を低コスト化できる新たな研究結果 東北大が発表

記事を保存
燃料電池(SOFC)を低コスト化できる新たな研究結果 東北大が発表

東北大学大学院の研究グループは、家庭用燃料電池エネファームtype Sとして実用化されている固体酸化物形燃料電池(SOFC)の低コスト化につながる研究成果を発表した。

研究を行ったのは、同大学院工学研究科の及川 格助教と高村 仁教授の研究グループで、300から500度で作動するSOFCへの応用が期待されているペロブスカイト型プロトン伝導体中のプロトンと酸素空孔の分布を解明し、それら欠陥の相互作用によりプロトン伝導度が向上する可能性を示した。

現在、750度近傍で作動しているSOFCが、300から500度の中温領域での作動の可能性を実用化するには、この温度域で高いイオン伝導度を示す材料が必要とされる。

候補材料のペロブスカイト型プロトン伝導体は、プロトンが結晶中の特定の位置にトラップされイオン伝導度が低下する「プロトントラッピング」という欠点があったが、同伝導体が、酸素空孔量を制御することで静電的相互作用により解消し、中温領域においてイオン伝導度を向上させる研究成果が得られた。

この研究成果は、アメリカ化学会の学術誌Chemistry of Materialsに2015年9月30日に掲載された。

【参考】
東北大学 - ペロブスカイト型プロトン伝導体の欠陥分布の解明に成功

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.