> > 世界遺産:東寺(京都府)、LED照明を導入 十二神将像などを高演色で美しく

世界遺産:東寺(京都府)、LED照明を導入 十二神将像などを高演色で美しく

 印刷 記事を保存

東芝ライテックは、世界遺産である東寺(京都府)の国宝および重要文化財の仏像のライトアップ照明として、LED電球および対応器具を各109台納入した。

東寺で、拝観五十周年を記念し行われる秋期特別公開では、国宝および重要文化財である立体曼荼羅、薬師三尊像、十二神将像を、通常展示では見ることができない角度から間近に拝観できる。

(※全文:583文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.