> > 夏場の空調エネルギー17%削減 季節風をうまく取り込み「見える化」する工場

夏場の空調エネルギー17%削減 季節風をうまく取り込み「見える化」する工場

 印刷 記事を保存

10月22日、YKK AP(東京都千代田区)は、夏場の省エネ推進のため、工場のエネルギー消費量や職場環境(快適性)をリアルタイムに「見える化」する独自のシステムを黒部荻生製造所に導入した。

黒部荻生製造場ではこれまで、一般的な工場と同じく、窓を閉めて空調設備で職場環境を維持していた。しかし、「あいの風」と呼ばれる、富山など日本海沿岸で春から夏にかけて沖から吹く季節風を利用し工場内に風の流れを作り、エネルギー消費を抑制する取り組みを開始した。

この取組みに一役買ったのが、独自の「見える化」システム。風向・風速・温度・湿度や、その数値を元にした快適性と消費電力レベルをリアルタイムで表示し、窓の開閉や空調設備を稼動させるタイミングを工場内の各エリアで選任された「窓管理者」が適切に判断。この結果、夏期(6~8月)の生産重量あたりの空調エネルギーを、導入前に比べ17%削減することができた。

(※全文:627文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.