> > 小売電気事業者、8社追加へ 電力取引監視等委員会が審査結果を回答

小売電気事業者、8社追加へ 電力取引監視等委員会が審査結果を回答

 印刷 記事を保存

経済産業省の電力取引監視等委員会は23日、2016年4月の電力小売りの全面自由化以降、すべての消費者に電気を販売できる「小売電気事業者」として、大阪ガスや伊藤忠エネクスなど、新たに8社を推奨することを決めた。これを受けて、経済産業省が8社について正式に小売電気事業者の事前登録を行う。

来年4月の第2弾改正電気事業法の施行に先立ち、経済産業省は、8月3日より小売電気事業等の登録申請の受付を開始した。10月22日時点で95件(内訳については、小売電気事業が93件、小売供給が2件)の小売電気事業等を営もうとする事業者の登録申請があり、これを受け、同委員会への意見聴取が行われている。

(※全文:1,175文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.