> > 鳥取県の「中海テレビ」も電力小売事業へ参入 ケーブルTVと電力をセットに

鳥取県の「中海テレビ」も電力小売事業へ参入 ケーブルTVと電力をセットに

記事を保存
鳥取県の「中海テレビ」も電力小売事業へ参入 ケーブルTVと電力をセットに

中海テレビ放送(鳥取県米子市)は、2016年4月から電力小売が全面自由化されることを契機に電力小売事業に参入すると発表した。「電力小売サービス」では、既存の「放送・通信サービス」とセットで加入することで、従来の電力会社よりも割安となるプランを予定している。

同社は、10月8日に経済産業省資源エネルギー庁へ小売電気事業者の登録申請を行った。家庭向けに電力を小売りするサービスは、2016年4月1日より開始を予定している。これに先駆け、マンション向け電力一括受電サービスを10月より米子市内のマンションで開始した。

これまで、同社は、「放送サービス」、「通信サービス」などのケーブルテレビ事業に加えて、「環境エネルギー事業」を2012年から開始し、太陽光発電システム蓄電池設備の販売を手掛けてきた。

今後は、放送・通信サービスと電力サービスとのセット販売など、新たなサービスの創造に挑戦していく。同社の電力サービスでは、従来の電力会社の送配電ネットワークを利用して顧客に提供していくため、品質、信頼性は今まで通り安心して利用できると説明する。

将来的には、地域の再生エネルギーを利用した「地産地消」型のエネルギーサービスの提供を目指す。同社は、放送と通信のサービスを中心にエネルギーを含めた生活に密着したサービスを提供していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.