> > ビルの外気処理システム&高断熱外皮で60%以上省エネ 竹中工務店の新技術

ビルの外気処理システム&高断熱外皮で60%以上省エネ 竹中工務店の新技術

 印刷 記事を保存

竹中工務店(東京都江東区)は、NEDOプロジェクトで取り組んでいる、小型で従来の空調方式と比べて30%の高効率化が実現可能な「高効率調湿外気処理ユニット」と、年間を通した外皮からの熱負荷を半減できる「高断熱ファサード」の開発に目途を付け、来年2月末を目標に実用化を目指す。NEDOが発表した。

竹中工務店は、これらを組み合わせたシステムを構築することで、先進的事務所ビルにおける空調の一次エネルギー消費量60%以上の削減効果を確認している。

また「高効率調湿外気処理ユニット」については、今年8月から実験棟での実用化の検証を進めているが、今後、竹中工務店東関東支店のZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化を目指した改修工事に先行して適用する。

これらの成果を、今後、一般オフィスビルのZEB化ニーズへの対応と普及促進を目的に広く展開していく予定。

なお、NEDOは、これらの成果の一部を、2015年11月25日(水)~27日(金)の間、東京ビッグサイトで開催される「NEDO省エネルギー技術フォーラム2015」において展示する。

(※全文:1,635文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.