> > Looop、太陽光発電所の発電量データをウェブ上で公開 他所と実績を比較可能

Looop、太陽光発電所の発電量データをウェブ上で公開 他所と実績を比較可能

記事を保存
Looop、太陽光発電所の発電量データをウェブ上で公開 他所と実績を比較可能

Looop(東京都文京区)は、11月16日に、産業用の太陽光発電所のオーナーに向けて、リアルタイムで自身の発電所だけでなく他所の発電量が分かる情報webサイト「Looop Club」をグランドオープンした。

Looop Club」では、Looopが監視装置を置いている発電所の発電量データとを集計し、エリア単位やランキング形式で提供する情報共有サイト。また、監視装置を利用していない発電所でも、発電所のオーナーがデータを同サイトに登録していれば集計に反映される。

他所との発電量の比較が容易に可能なため、太陽光発電所オーナーが抱く、「自分の発電所は、他所と比べて良いのだろうか?」という疑問に答えることができる。また、太陽光発電の運用方法や改善点について、オーナーに対し、気づきとなる情報を提供することも可能。

なお、これまでは、約200拠点のデータを用いてベータ版として運用してきた。グランドオープン後は積極的に拠点数を増やし、3年以内に10,000拠点を目標に運用していく方針だ。

また、同社は拠点数の増加のみならず、太陽光発電所オーナーが必要とする情報や人材マッチングなどのサービスの拡充も行っていくことを目指す。

Looopは、主に太陽光発電所システムや自然エネルギーを利用した商品の開発・設置・メンテナンスを行っている企業。事業活動と環境配慮を両立させ、持続可能な社会構築への貢献を目指す。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.