> > 観測衛星「いぶき」から警告 地球のCO2濃度、2016年度中に400ppmを突破か

観測衛星「いぶき」から警告 地球のCO2濃度、2016年度中に400ppmを突破か

記事を保存
観測衛星「いぶき」から警告 地球のCO2濃度、2016年度中に400ppmを突破か

環境省などは、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データに基づく、月別「地球大気全体(全大気)」の二酸化炭素(CO2)平均濃度が、2015年7月に約398.2ppmに達したと公表した。

「いぶき」観測データを使って、地上から上空までの全大気のCO2平均濃度を算出したところ、月別平均濃度は季節変動をしながら年々上昇し、2015年5月に約398.8ppmを記録した。さらに推定経年平均濃度(季節変動を取り除いた2年程度の平均濃度値)は2015年7月に約398.2ppmに達したことがわかった。

このままの上昇傾向が続けば、月別平均濃度や推定経年平均濃度はともに、遅くとも2016年中に400ppmを超える見込み。これは、「いぶき」の観測によって地球大気全体の平均濃度が400ppmに近づくことを初めて示すことになり、衛星による温室効果ガス観測の重要性を表すものと説明している。

月別平均濃度が400ppmを超えるのは、推定経年平均濃度よりもさらに早い時期になると予想される。ただし、衛星で観測できる地域は、太陽高度が高くかつ雲のない特定の地域に限られるため、算出した「全大気」の濃度は、「いぶき」の観測データに基づきモデル的手法を用いて推定した結果である。

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)とは

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT ゴーサット)は、環境省、国立環境研究所およびJAXAが共同で開発した、世界初の温室効果ガス観測専用の衛星。CO2とメタンの濃度を宇宙から観測し、その吸収・排出量の推定精度を高めることを主目的にしており、さらに炭素循環の将来予測の高精度化への貢献を目指して、2009年1月23日の打上げ以降、現在も観測を続けている。

「いぶき」による温室効果ガス観測の特徴とその意義

世界気象機関(WMO)を含む世界のいくつかの気象機関では、これまでも地表面の各地の観測地点や、それらのデータを用いて算出した地上での全球平均濃度を発表してきた。しかし、CO2は高度によって濃度差があるために、地上観測点だけの濃度データでは地球大気の全体濃度を表すことはできない。

これに対して「いぶき」はCO2の地表面濃度ではなく、地表面から大気上端までの大気中のCO2の総量を観測できる。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次評価報告書において予測されている将来のCO2濃度は「全大気」の平均濃度であることから、今後の温室効果ガスの増加による地球温暖化のリスクを算出・予測する上では、地球全体の温室効果ガスの平均濃度の算出が重要であり、上空の大気まで含めた「全大気」の平均像を把握することが不可欠である。

ちなみに、IPCCの第5次評価報告書では、人為起源の温室効果ガス(GHG)の排出による気温上昇を産業革命前に比べて2℃未満に抑えられる可能性が高い緩和シナリオは、2100年に大気中の濃度が約450ppmCO2換算となるものであるとしている。

「いぶき」による観測成果の公開

また、環境省、国立環境研究所、JAXAの3者では、今回算出した「いぶき」(GOSAT)による晴天域の観測データから解析・推定された、月別「全大気」のCO2平均濃度を公開することとした。この「全大気」の平均濃度の公表は、11月16日より国立環境研究所GOSATプロジェクトのウェブページにおいて開始し、「いぶき」の運用が続く限り定期的に結果を更新する。今回の「全大気」平均濃度の算出方法も、同じウェブページに紹介する。この公開により、CO2濃度増加の事実を広く一般国民に周知し温室効果ガス排出の抑制につなげたいとしている。

【参考】
環境省 - 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データに基づく月別二酸化炭素の全大気平均濃度の公表について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.