> > 静岡県に「市民共同出資によるソーラーシェアリング」 ブルーベリーを栽培

静岡県に「市民共同出資によるソーラーシェアリング」 ブルーベリーを栽培

記事を保存
静岡県に「市民共同出資によるソーラーシェアリング」 ブルーベリーを栽培

川根スカイエナジー(静岡県)は、市民共同出資によるソーラーシェアリングを、静岡県川根本町内の農園に設置した。名称は「川根スカイエナジー第1発電所」。2015年8月に農業委員会の許可を得て、10月に設置完了した。

同発電システムは、ソーラーシェアリングとしては日本初の、市民共同出資による事例。出資者の募集は、NPO法人 太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)の全面的な協力により実施された。施工は発電マン・ベリーズ株式会社(静岡市)。

同発電システムの出力は12kW、営農型のためパネルは地面から約3mの高さに間隔をあけて設置され、隙間から光が地面に届くように設計されている。パネルの下部では地元農産品であるブルーベリーが栽培される。

下部ではブルーベリーが栽培される

下部ではブルーベリーが栽培される

同社は、発電所運営、農業、地元産品の販売などを行う事業者。今回の事業は「川根本町再生可能エネルギーによるまちづくり協議会」の後援を受けており、同社は今後も農地を活用した市民共同発電所を増やしていきたい考えだ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.