> > 会社で紙をリサイクル、新しい紙にしてくれる「小型製紙機」2016年発売

会社で紙をリサイクル、新しい紙にしてくれる「小型製紙機」2016年発売

記事を保存
会社で紙をリサイクル、新しい紙にしてくれる「小型製紙機」2016年発売

セイコーエプソンは1日、世界で初めて、使用済みの紙を原料として、水を使わずに、文書情報を完全に抹消した上で、新しい紙を生産できる小型のオフィス製紙機「PaperLab(ペーパーラボ)」を開発したと発表した。

2016年内に商品化する予定。同社は「スマートサイクル事業」としてこの新規ビジネスを推進していく。

1日8時間の稼働で6,720枚を生産

本製品に、A4・A3サイズの使用済みの紙を入れ、再生開始ボタンを押せば約3分で1枚目の新しい紙ができあがる。A4用紙の生産能力としては、1分間に約14枚、1日8時間稼働させれば6,720枚の紙を、オフィスで生み出せる。

機密文書の完全抹消

機密文書の完全抹消

機密文書の完全抹消

今回、本製品を実現するために開発した新しい技術が、水を使わない「Dry Fiber Technology(ドライファイバーテクノロジー)」である。これは繊維化、結合、成形という3つの技術から構成されている。

本製品では、独自に開発した機構による機械的衝撃で、水を使わずに、使用済みの紙を綿のような細長い繊維へ変え、文書情報を一瞬で完全に抹消する。繊維化した材料に、さまざまな結合素材を用いて結合、密度や厚み、形状をコントロールして成形することで、用途に合わせて、紙厚の異なるオフィス用紙や名刺用紙、色や香り付きの紙など、さまざまな紙を生産することを可能とした。

また文書を紙繊維にまで分解するため、企業がこれまで外部へ委託したり、内部で裁断したりしている機密文書も本製品を使用すれば、外部に持ち出すことなく、手元で安心して処理できる。

機器のサイズは、横幅2.6m×奥行1.2m×高さ1.8m(突起部を除く)。給排水の設備も不要となり、オフィスのバックヤードなどに設置しやすい小型サイズを実現した。

オフィスで完結する資源リサイクルを提案

紙のリサイクルは、一般的にオフィスから製紙(再生)施設への輸送を伴う、大きなプロセスで循環されている。同社のスマートサイクル事業では本製品により、オフィスで完結する、小さく、そして新しい資源サイクルを提案する。

なお、同社は「PaperLab」の開発機を、12月10日から12日まで東京ビッグサイトで開催される環境展示会「エコプロダクツ2015」のエプソンブースで、デモ展示する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.