> > 岩谷産業の移動式水素ステーション、福岡県庁に完成 1日6時間営業

岩谷産業の移動式水素ステーション、福岡県庁に完成 1日6時間営業

 印刷 記事を保存

12月1日、岩谷産業は、福岡県庁の敷地内に、商用移動式水素ステーションが完成したと発表した。

同水素ステーションの名称は「イワタニ水素ステーション 福岡県庁」。県庁が実施する移動式水素ステーション運用事業において、福岡市内で初めて設置されたもの設置場所は県庁行政棟南玄関西側。面積は573平方メートル。県庁は、設置場所の造成、電源の設置、防火壁の設置などの工事を9月から行って来た。工事費は約7,200万円。

同水素ステーションは、一般市民が利用できるようにし、1時間で燃料電池車(FCV)2台のフル充填が可能だ。

(※全文:626文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.