> > 藻類バイオ燃料でラリーカーも走る! デンソー、新種「シュードコリシスチス」培養

藻類バイオ燃料でラリーカーも走る! デンソー、新種「シュードコリシスチス」培養

 印刷 記事を保存

デンソー(愛知県刈谷市)は、2016年1月に開催されるダカールラリー2016に参戦するトヨタ車体(愛知県刈谷市)のランドクルーザーに、微細藻類から抽出したオイルを使ったバイオ燃料を提供する。

この燃料は、池や温泉に生息する新種の藻、シュードコリシスチスが産生したオイルを精製したもの。シュードコリシスチスは、大きさ5マイクロメートル(1ミリの1/200)の小さな植物だ。通常の植物と同様に、CO2を吸収し光合成で澱粉を作ることに加え、ディーゼルエンジンで使用できる軽油の成分を含んだオイルも産生する。

(※全文:590文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.