> > ココイチ廃棄カツ問題・緊急アンケート結果 64%の企業が「社員教育が必要」

ココイチ廃棄カツ問題・緊急アンケート結果 64%の企業が「社員教育が必要」

記事を保存
「CoCo壱番屋」廃棄カツ問題を受けて、自社の廃棄物処理について見直す必要性を感じましたか?

「CoCo壱番屋」廃棄カツ問題を受けて、自社の廃棄物処理について見直す必要性を感じましたか?

カレーハウスCoCo壱番屋(愛知県一宮市)の廃棄カツ問題を受けて、環境ビジネス編集企画部では、緊急アンケートを実施した。

アンケートの結果、『社内の廃棄物管理の教育』について見直しが必要と答えたのは、全体の64%にのぼった。『廃棄物業者の選定を再度行う必要がある』は56%、『廃棄物の管理体制を見直す必要がある』は52%に達した。

『廃棄物処理法などの法律順守』について自社で見直す必要を感じますか?

『廃棄物処理法などの法律順守』について自社で見直す必要を感じますか?

『中間処理場・最終処分場の確認』について自社で見直す必要を感じますか?

『中間処理場・最終処分場の確認』について自社で見直す必要を感じますか?

自由回答の中には、『そもそも、管理以前の問題で、企業イメージ・企業ブランドそのものへの影響という、非常に経営の根幹に関わる問題だと感じた』と、廃棄物管理の問題ではなく経営課題そのものであるという認識の回答も目立った。

廃棄物の管理体制、見直しますか?

廃棄物管理に関する回答としては、『処分場確認の必要性は感じているものの、現状は出来ていなかった。改めて実施することを決めた』という、今回の廃棄カツ問題を受けて、社内の取り組みを具体的に見直したという企業の声もあった。特に、食品廃棄物や機密文書・紙類を扱う事業者に危機意識が高い傾向が見られた。

『社内の廃棄物管理の教育』について自社で見直す必要がありますか?

『社内の廃棄物管理の教育』について自社で見直す必要がありますか?

『廃棄物業者の選定方法』について自社で見直す必要がありますか?

『廃棄物業者の選定方法』について自社で見直す必要がありますか?

『廃棄物の管理体制』について自社で見直す必要がありますか?

『廃棄物の管理体制』について自社で見直す必要がありますか?

『自社が排出する廃棄物は、食品ではないので特に問題を感じない』、『適正処理・適正管理が出来ているので、問題はない』といった回答は全体の10%程度であった。

今後への改善については、『取り組みをするにあたって社内の理解を得ることが必要だが、そもそもどういう基準で、どのように管理をするべきか?という理想や基準がない』という声が、全体の4割にのぼった。

電子マニフェストだから安心?

また、電子マニフェストについては、『電子マニフェストで管理しているので安心』という意見がある一方、『電子マニフェストで管理しているので、万が一の際、発見が遅れてしまう。それにどう対応すべきか?』という意見に分かれた。

ISO14001など規格の中で一定以上の管理体制になっているものの、その管理体制が充分ではなく、リスク管理をするための基準や体制の必要性を感じている企業が多いことが明らかになった。

環境ビジネスオンラインでは、2月8日から「食品廃棄物モラルハザード」と題し、株式会社ユニバース 白石氏による連載記事を新たにスタートした。この他にも、廃棄物管理に関する情報やノウハウ、ケーススタディを、特集やセミナー・講座などで提供していく予定だ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.