> > ISO14001改訂についてのアンケート 61%が「経営との結びつきが課題」と回答

ISO14001改訂についてのアンケート 61%が「経営との結びつきが課題」と回答

 印刷 記事を保存

昨年発表された、ISO14001 環境マネジメントシステムの改訂を受けて、環境ビジネス編集企画部はアンケートを実施した。今回の規格改訂は、約20年ぶりの大幅見直しになっており、ISO14001を環境分野のマネジメントにとどまらず、経営全般を視野にいれている。 ISO14001の取得企業は、2万社を超えるが、取得後の運用に課題を感じている企業も多かったため、実態についてアンケートを実施した。

まず、主な環境の取り組みである、「環境教育」「土壌・水質汚染」「温室効果ガス」「エネルギー」「廃棄物管理」「化学物質」といった項目に対して、「概ねできている」の回答はいずれも50%をこえた。中でも、「廃棄物・リサイクル」への取り組みは、93.5%が「できている」あるいは、「概ねできている」と回答。一方で、「生物多様性」への取り組みは、「充分にできている」が0%、「概ねできている」も16.7%にとどまった。

(※全文:1,029文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.