> > 東急パワーサプライ、ケーブルテレビとの提携6社目 電力サービス契約2万件突破

東急パワーサプライ、ケーブルテレビとの提携6社目 電力サービス契約2万件突破

記事を保存

東急パワーサプライ(東京都世田谷区)は、本年4月の>電力小売りの全面自由化にあわせて展開する電気サービスの販売面などにおいて、入間ケーブルテレビ(埼玉県入間市)と業務提携することに合意したと発表した。

この提携に伴い、入間ケーブルテレビグループ4社は4月1日(金)から、グループ各社のサービスエリアを中心に電気サービスの受付を開始する。

東急パワーサプライにとってケーブルテレビ会社との業務提携は6社目。入間ケーブルテレビは、埼玉県西部地域および東京都西多摩地域に根差した営業・サポートを強みとし、約5万2,500世帯(2016年1月末時点)の顧客にケーブルテレビサービスを提供している。

東急パワーサプライは、ケーブルテレビ会社と提携することは、電気サービスの顧客獲得に大いに寄与するものと捉えている。入間ケーブルテレビは、東急パワーサプライの電気サービスを提供メニューに加えることで、新たな顧客の獲得や顧客サービスの拡充を図ることができると期待する。

両社は、入間ケーブルテレビグループのサービス(テレビ、インターネット、電話)と東急パワーサプライの電気サービスを同時に利用することで、お得になる割引プランも提供していく。

東急パワーサプライの電気サービスの特徴は、東急グループの定期券、カード、ケーブルテレビ等の各種サービスと連携した組合せプランを用意していることだ。

例えば、ケーブルテレビでは、東急線沿線で約83万世帯(2015年11月時点)の顧客にサービスを提供している、ケーブルテレビのイッツ・コミュニケーションズ(東京都世田谷区)のサービスと提携。セットで契約するとお得になる電気サービスを提案している。

また、2月に入って、東伊豆および湯河原をサービスエリアとする伊豆急ケーブルネットワーク(静岡県熱海市)、品川区をサービスエリアとする南東京ケーブルテレビ(東京都品川区)、北関東をサービスエリアとするケーブルテレビ(栃木県栃木市)と電気サービスに関する業務提携に合意している。

電気サービスの申し込み件数が2万件を突破

東急パワーサプライは、東京急行電鉄が、国内電力小売り市場の全面自由化にあわせて、一般家庭向け電力小売事業を行う事業会社として、2015年10月に設立した。東急線沿線を中心に、関東エリアの家庭に向けて、低廉な電力サービスの提供を開始する。

同社はグループの各種商品・サービスと連携した「より快適でスマートな暮らしをサポート」を掲げている。また、設立時のリリースでは、ケーブルテレビ各社や不動産関係各社との広範な提携を展開し、サービス開始後10年間で約50万世帯への提供を目指す考えを示している。

同社は24日、受付を開始している電気サービスの申し込みの申込み件数が2万件を突破したと発表。今後も、顧客の快適でスマートな暮らしをサポートする様々なプランの拡充に取り組み、2016年度中に申し込み件数10万件を実現を目指す考えを示している。

入間ケーブルテレビグループについて

入間ケーブルテレビグループは、埼玉県入間市・東松山市・比企郡滑川町・嵐山町・入間郡毛呂山町・越生町および東京都西多摩郡瑞穂町エリアで地域に密着した放送・通信インフラ事業者としてテレビ、インターネット、電話などを提供している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.