> > 東北電力の首都圏向け電気、特にたくさん使わなくても東京電力より安い

東北電力の首都圏向け電気、特にたくさん使わなくても東京電力より安い

記事を保存
東北電力の首都圏向け電気、特にたくさん使わなくても東京電力より安い

東北電力は10日、首都圏において4月1日から家庭向けに電気の販売を開始すると発表した。家庭向け電力の販売への参入では、電力多消費世帯向けプランが目立つ中、毎月の電気使用量が標準的な家庭を対象に、現在の東京電力の電気料金よりお得になるプランを用意した。

契約電流30A、月平均使用電力量300kWhのモデルケースでは、東京電力の「従量電灯B」と比べて、年間約2,300円、お得になると試算している。

そのほかに、会員制Webサービスの加入し、サービスを利用するとポイントが付与される。会員登録初年度は、電気料金をWebで確認すること等で、年間1,200ポイントが貯めることができる。ポイントサービスでは、復興支援のための寄付などにも活用できることもアピールする。

本プランの申し込みの受付は、3月11日より同社ホームページにて開始した。

首都圏のご家庭向け電気料金プランの概要

具体的には、東京電力の従量電灯Bで契約されている家庭などの顧客向けに、電気料金プラン「よりそう、でんき」を用意した。本プランは、毎月の電気使用量が標準的な家庭(300kWh程度)などの場合、現在の電気料金よりもお得に電気を使用できる。

さらに、会員制Webサービス「よりそうeねっと」への加入により、ポイントサービス「よりそうeポイント」を利用できる。獲得したポイントは、東北6県および新潟県の当地商品との交換や、復興支援のための寄付などにも活用できる。

本プランの対象地域は、関東地方の1都6県と山梨県、静岡県の一部(富士川以東)で離島は除く。契約容量が6kVA以下の顧客(東京電力の従量電灯Bの契約に相当する顧客)で、同社会員制Webサービス「よりそうeねっと」への登録と、クレジットカードによる電気料金の支払いが加入条件となる。

本プランの名称「よりそう、でんき」には、電気をお得に使いたいという顧客のニーズに「より沿う」とともに、加入することで東北6県および新潟県に「寄り添う」サービスを利用できることがこめられている。

電力会社では、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、北陸電力が首都圏の家庭向け電気の販売への参入することが明らかになっている。

【参考】
東北電力 - 首都圏での電気の販売開始について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.