> > メモリやセンサ自体も省エネ化が必要な「IoT社会」 NEDOが研究開発者を公募

メモリやセンサ自体も省エネ化が必要な「IoT社会」 NEDOが研究開発者を公募

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は3月24日、民間企業・大学・公的研究期間によるIoT(モノのインターネット)技術を低電力で使用するための基盤開発を加速を目的に、「1.設計・製造基盤の開発」・「2.実用化研究の開発」の2つの事業の実施者を公募すると発表した。

本事業の名称は「IoT技術開発加速のためのオープンイノベーション推進事業」。対象者は企業(団体等を含む)や大学など。公募期間は2016年3月24日から2016年4月25日までで、事業期間は2016年度~2017年度の2年間を予定。事業規模は「1.設計・製造基盤の開発」が総額60億円程度、「2.実用化研究の開発」が総額30億円程度(1テーマあたり1000万円~15億円/年程度)だ。

「設計・製造基盤開発」と「実用化研究」の2つ

1. IoT 技術開発加速のための設計・製造基盤開発

設計・製造基盤開発の事業では、IoT社会に対応するためのシリコン系半導体、有機半導体、MEMS、RFモジュールなどの電子デバイスについて、コストやリスクなどから民間企業単独では挑戦できないような開発・試作を行うための設計・製造基盤を構築する。こちらは委託事業。

(※全文:1,680文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.