> > JEPXによる「電力の取引市場」、きょう開設

JEPXによる「電力の取引市場」、きょう開設

記事を保存
JEPXによる「電力の取引市場」、きょう開設

経済産業省は、一般社団法人日本卸電力取引所が申請した、卸電力取引所の業務規程について、法令等に定める要件に基づき、卸電力取引市場の開設等の業務を公正かつ適確に実施する上で適当であると認められることから、4月1日付で認可したと発表した。

同省は、日本卸電力取引所を4月1日に電気事業法に基づく卸電力取引所として指定することを3月22日付けで決定した。これを受けて、日本卸電力取引所は同日付けで、業務規程の認可申請を行っていた。

日本卸電力取引所の業務規程は、電力の実物卸市場である日本卸電力取引所における市場開設業務について定めたもの。具体的には、市場開設業務を行う時間、市場の種類、取引資格とその審査方法、売買取引の方法等についてまとめている。

市場の種類は、翌日に受け渡される30分単位の電気を対象とした「スポット取引」、数時間後に受け渡される30分単位の電気を対象とした「時間前取引」、将来の1年間、1カ月間または1週間を通じて受け渡される電気を対象とした「先渡取引」、売買希望者が、売買を希望する電気を掲示し、本取引所が入札の仲介を行う「掲示板取引」の4種類。

卸電力取引所を国が指定

電力小売りの全面自由化に伴い、電力市場への参加者や取引形態が多様化すると考えられ、卸電力取引所はこれまでよりも重要な役割を担うこととなる。このため、一昨年成立した改正電気事業法において、小売全面自由化に合わせて、卸取引の機会の拡大や適正な価格の形成等を実現しようとする一般社団法人等を、国が卸電力取引所として指定することができる制度的枠組みを設けている。経済産業省は、本制度に基づき、日本卸電力取引所を本年4月1日に電気事業法に基づく指定法人として指定することを決定している。

日本卸電力取引所は、卸電力取引の場を提供する日本で唯一の取引所。日本の電力システム改革の一環として、2003年に設立され2005年4月から取引を開始した。スタート時の取引参加者数は27社だったが、2015年4月1日時点では108社となっている。

【参考】
経済産業省 - 経産省、日本卸電力取引所の業務規程を認可します
卸電力取引所の業務規程の認可に関する意見聴取について回答しました
WG ~卸電力取引所の指定法人化について~
一般社団法人日本卸電力取引所 - 理事長ご挨拶

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.