> > パリ協定採択後の課題など議論 ドイツで開催された気候変動の非公式会合で

パリ協定採択後の課題など議論 ドイツで開催された気候変動の非公式会合で

記事を保存

環境省と外務省は、7月4、5日にドイツ・ベルリンにて開催された、気候変動に関する非公式閣僚級会合「ペータースベルク気候対話VII」の結果概要を取りまとめ報告した。

昨年フランス・パリで開催された第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)において、2020年以降の地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」が採択された。本会合では、多くの出席者が、パリ協定採択後の最大の課題は各国が提出した約束草案(削減目標)の着実な実施であるとし、そのための具体的な施策策定の必要性、各国の実施を支援するための能力開発等における国際協力の必要性に言及した。

あわせて、多くの出席者がパリ協定の早期発効の重要性とともに、パリ協定を実施に移す上での、パリ協定に関する特別作業部会(APA)および補助機関会合(SB)における作業の加速化の重要性にも言及した。日本は、G7伊勢志摩サミットでも確認されたとおり、パリ協定の早期の締結・発効が重要であること、国内での取組みとして「地球温暖化対策計画」を策定した旨を発言した。

(※全文:2049文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.