> > POPs条約で輸出入禁止の科学物質が追加 環境省が意見募集スタート

POPs条約で輸出入禁止の科学物質が追加 環境省が意見募集スタート

記事を保存

環境省は、環境中での残留性が高いポリ塩化ビフェニル(PCB)など残留性有機汚染物質(POPs)の削減や廃絶などに向けた国際条約「POPs条約」に基づく国内実施計画(改定案)等について、募集(パブリックコメント)を開始した。

POPs条約では、各締約国に対して国内実施計画の作成・実施に努めることを求めている。今回の国内実施計画(改定案)は、第6回締約国会議で新たに附属書A(製造・使用、輸出入の原則禁止)の対象物質としてヘキサブロモシクロドデカンを追加することが決定され、2014年11月に条約の効力が発効したことを受け、取りまとめたものである。第7回締約国会議で追加になった3物質群(ヘキサクロロブタジエ、ポリ塩化ナフタレン、ペンタクロロフェノールまたはその塩もしくはエステル)についても対象としている。また、国内実施計画の実施状況を点検し、取りまとめた国内実施計画の点検結果(案)についても意見募集を行う。

意見募集の期間は7月14日(木)から8月12日(金)まで。意見の提出方法等、詳細は環境省のホームページを参照のこと。

(※全文:1307文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.