> > 福島県に開発拠点を置けば補助金 1事業計画あたり最大7億円

福島県に開発拠点を置けば補助金 1事業計画あたり最大7億円

 印刷 記事を保存

経済産業省は2月20日、福島県浜通り地域の15市町村において産業復興の早期実現を図るため、地元企業や地元企業との連携により地域振興に資する実用化開発を行う事業者を募集すると発表した。

この「地域復興実用化開発等促進事業(一次公募)」は、「福島イノベーション・コースト構想」の重点分野にかかわる、地域振興に資する実用化開発などの費用の一部を補助するもの。

また、福島イノベーション・コースト構想の重点分野は、ロボット、エネルギー、環境・リサイクル、農林水産業、環境回復、住民の健康確保につながる医学(医療機器など)または廃炉・汚染水対策など放射線の知識が必要となる分野などを指す。

復興にかかわる重点分野での実用化開発を支援

(※全文:882文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.