> > ZEB補助金、5件採択 スーパーマーケットや老人ホーム、病院など省エネ化

ZEB補助金、5件採択 スーパーマーケットや老人ホーム、病院など省エネ化

記事を保存
ZEB補助金、5件採択 スーパーマーケットや老人ホーム、病院など省エネ化

環境共創イニシアチブ(SII)は12日、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)の構成要素となる高性能建材や高性能設備機器などを導入する建築物への補助事業において、応募のあった5件全てに補助金の交付を決定した。

今回の3次公募に採択された施設は、スーパーマーケット、老人ホーム、病院、社屋、百貨店。導入された設備は、電気式ヒートポンプやLED照明、自然採光システムなど。詳細は下記の通り。

フレッシュプラザ ユニオン赤道店におけるZEB化推進事業

沖縄県うるま市のスーパーマーケットを新築する事業。補助事業者名は三井住友ファイナンス&リース株式会社と株式会社野嵩商会。導入設備は下記の通り。

  1. Low-E複層ガラス(Air)
  2. 高効率EHP
  3. デシカント空調システム(湿度制御)
  4. 自然採光
  5. 換気扇(インバータ制御ファン)
  6. LED照明(在室検知制御、昼光制御、タイムスケジュール制御、デジタル個別照明制御システム)
  7. 高効率HP給湯機
  8. 太陽光発電
  9. 風力発電
  10. 蓄電池
  11. 高効率トランス

特別養護老人ホーム愛誠園ZEB化事業

沖縄県宜野湾市の老人ホームを新築する事業。補助事業者名は社会福祉法人善隣福祉会。導入設備は下記の通り。

  1. 日射遮蔽(庇)
  2. 高効率EHP(センシング付)
  3. 全熱交換器(バイパス制御自動切替)
  4. LED照明(在室検知制御、昼光制御)
  5. 自然採光(吹抜)
  6. 高効率HP給湯機
  7. 太陽光発電
  8. 高効率トランス

医療法人恒仁会 新潟南病院ZEB化事業

新潟県新潟市の病院を新築する事業。補助事業者名は医療法人恒仁会。導入設備は下記の通り。

  1. 日射遮蔽(庇)
  2. Low-E複層ガラス(Air)・高性能窓
  3. 高効率EHP
  4. VAV外調機(全熱交組込)
  5. 全熱交換器(CO2制御)
  6. LED照明(在室検知制御、昼光制御、タイムスケジュール制御)
  7. 高効率HP給湯機+昇温用(コジェネ)
  8. コジェネレーションシステム
  9. 高効率トランス

株式会社つくば電気通信新社屋ZEB化事業

茨城県土浦市のオフィスビルを新築する事業。補助事業者名は株式会社テックホールディングス。導入設備は下記の通り。

  1. 高断熱
  2. 日射遮蔽(デザインパネル)
  3. Low-E複層ガラス(Ar)
  4. 高効率EHP(室内外
  5. 協調制御)
  6. 全熱交換器(CO2制御)
  7. 自然換気システム
  8. LED照明(在室検知制御、昼光制御、デジタル個別照明制御システム)
  9. 高効率HP給湯機
  10. 太陽光発電
  11. 高効率トランス

アクロスプラザ扶桑ZEB化プロジェクト

愛知県丹羽郡の百貨店を新築する事業。補助事業者名は大和ハウス工業株式会社と大和情報サービス株式会社。導入設備は下記の通り。

  1. Low-E複層ガラス(Air)・高性能窓
  2. 高効率EHP(室内外協調制御)
  3. 全熱交換器(CO2制御)
  4. LED照明(在室検知制御、昼光制御、タイムスケジュール制御)
  5. 採光クロス・採光フイルム
  6. 高効率HP給湯機
  7. 太陽光発電
  8. 高効率トランス
  9. 保水性舗装、敷地内緑化
  10. 気化式冷却器

今回採択された事業による省エネルギー効果は、原油換算で合計約1,098KL/年と見込まれる。

2016年度は公募終了、2017年度に期待

ZEB実証事業は、ZEBの構成要素となる高性能建材や高性能設備機器等を導入する既築・新築・増築・改築する建築物に対し、その経費の一部を補助する事業。BEMSの導入、建物全体の一次エネルギー消費量を50%以上削減することなどの条件が課せられているほか、建物の用途や延床面積で対象区分が変わる。工場や住宅、飲食店などは対象にならない。

補助対象経費は、高性能建材・空調・換気・照明・給湯・BEMS装置などで構成するシステム・機器の設計費・設備費・工事費。補助金額は、対象経費の2/3以内で、上限は10億円/年。

2016年度の事業は今回の3次公募以降は予定されていない。2017年度については、経済産業省から、同様のZEBやZEHの推進について、2016年度の約2.2倍の予算を計上した概算要求が発表されている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.