> > JEMA、出力制御機能付パワコンの仕様を公開

JEMA、出力制御機能付パワコンの仕様を公開

記事を保存
JEMA、出力制御機能付パワコンの仕様を公開

一般社団法人 日本電機工業会(JEMA)は、インターネットを利用した出力制御スケジュール方式による、出力制御システム伝送仕様書を公開した。

この仕様書は、PCSメーカの開発・設計に役立つことを目的とし、その検討結果として公表された。開発したのは、系統接続の条件となっている「無制限・無補償の出力制御」のルールに対応した、出力制御機能付パワーコンディショナ(PCS)を開発する実証事業の受託者である九州電力株式会社だ。

出力制御機能付きパワコンとは

出力制御機能付きパワーコンディショナ(PCS)とは、電力会社または配信事業者が提示する出力制御スケジュール情報を取得し、そのスケジュールに応じて発電出力を制御する機能を有するPCSと定義されている。基本的には、出力制御ユニットと狭義のPCSから構成される。今回公開された仕様書は、出力制御スケジュールをインターネット経由で取得することで、遠隔制御できる。

出力制御の新ルールを進める一歩に

2015年1月に実施された省令改正で、再生可能エネルギーを最大限導入するため、より実効的かつきめ細やかな出力制御を可能とするルールが制定された。

しかし、新たなルールに対応するためのPCSの技術仕様への適合性を確認するための認証制度、試験方法は構築されていない。これをうけて、JEMAでは認証制度の検討を進めるため、次世代双方向通信出力制御緊急実証事業を実施し、PCSの試験方法・技術仕様書を公開した。

遠隔から制御することで、きめ細やかな出力制御が実現され系統安定化に貢献できるとしている。また、特別高圧に連携している発電設備は専用回線を利用し、高圧以下に連携している発電設備はインターネットなどの講習通信網を利用するなど、規模に応じた柔軟性のあるシステム設計が出来るように検討が進められている。

仕様書は九州電力に直接申し込みが必要

公開された仕様書は、主にPCSメーカーを対象に九州電力へ申込むことで取得できる。また、実証実験で行われた試験方法の詳細については、JEMAホームページに公開されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.