> > 福岡県みやま市、大分県豊後大野市の電力事業立ち上げを支援 再エネも融通

福岡県みやま市、大分県豊後大野市の電力事業立ち上げを支援 再エネも融通

記事を保存

福岡県みやま市と大分県豊後大野市は4日、地域の再生可能エネルギー活用に向けた連携協定した。まず、自治体による地域電力会社の設立・運営ノウハウを持つみやま市の協力のもと、豊後大野市が新電力事業を立ち上げる。また、両者は両エリアに賦存する豊富な再生可能エネルギーを融通し合い活用する。

本協定に基づき、それぞれの自治体の強みを生かした、エネルギーの地産地消化による分散型・自立型のエネルギーシステムの構築し、災害に強く、より一層快適で暮らしやすい生活基盤を築くための基礎となる小売り電力事業で連携する。

相互連携することにより、さらなる再生可能エネルギーの普及を目指したスマートグリッド構築に向けた取り組みを、自治体連携で推進し、エネルギーの地産地消による「目に見える地方創生」の実現を目指す。

(※全文:1360文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.